連作障害

同じ場所で同じ野菜を続けて栽培すると、

発生しやすい病原菌や害虫が増え、

特定の栄養分が消費されることで土の中のバランスが崩れ、

生育に悪影響が出ます。

 

これを連作障害といいます。

 

連作障害は、同じ場所に同じ野菜を続けて植えると、

地中にある野菜の栄養素である、チッ素、リン酸、カリ以外の

特定栄養素が土から不足してしまい、

害虫が増えたりして、野菜の生育が悪くなることです。

 

連作障害は、起こりやすい野菜が決まっているので、

一度違う科の野菜を栽培することで連作障害を防ぐことができます。

具体的には、トマトやキュウリを栽培した後にはニンジン、ダイコンといった根菜類を、

その後は豆類を栽培する、といった感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL