枝豆

枝豆といえばビールのおつまみというイメージが強いですが、

お箸を使わずにちょっとしたおやつ感覚で手軽に食べられるので、

ビールを飲まない方でも枝豆が好きという方はとても多いですね。

 

枝豆は、枝豆という種類の豆があるわけではなく、大豆の未熟な状態のことを言います。

大豆の栄養、緑黄色野菜としての栄養とどちらも持ち合わせているため、

味だけではなく栄養的にもとても優れた野菜です。

 

大豆の中にも枝豆として適している品種というものがもちろん存在しますが、

植物として分類すると大豆と完全に同じものです。

 

枝豆に含まれている栄養はタンパク質やビタミンB1、B2、カルシウム、

食物繊維、鉄分など人間の体に欠かせない栄養素が多いことが特徴です。

 

枝豆とビールがよく合うのは、ビールの苦味と枝豆についている塩気や

もともとの甘みという味のバランスだけではありません。

 

枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンが、ビタミンB1やビタミンCとともに

アルコールの分解促進をする働きがあり、肝臓の負担を和らげます。

そのため、二日酔いの予防や飲みすぎなどにとても効果的なのです。

 

おいしさだけではなく、お酒を飲む人の健康に関してもとても大きな役割を持った枝豆は、

ビールのお供に、そしてビールを飲まない人にも健康のためにも、とてもぴったりな野菜と言えるでしょう。

 

豆類はあまり好きではないという人でも枝豆は食べられるという方は多いですから、ぜひ積極的に食べたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL