小松菜

小松菜は、ほうれん草と同じような感覚で料理に使用されることが多いですが、

実際にはほうれん草よりも栄養価が高くとても優れた野菜です。

 

ほうれん草とは同じ葉物で見た目も似ていますし、

どちらもおひたしや煮物、炒め物とたくさんの料理で楽しむことができますので

あまり違いを気にしていない方も多いですが、ほうれん草よりもあくが少なく、栄養豊富です。

 

カロテン、ビタミンCなどを多く含むほか、ミネラル類ではカルシウムや鉄、亜鉛などを豊富に含んでいます。

 

また、はじめに言ったとおりあくが少なく食べやすいので、茹でずに食べられるということから、

豊富なビタミンCを失うことなくそのまま食べられるというのも優れている点ですね。

 

小松菜に含まれているビタミンCというのは、水溶性のビタミンである事から、

お味噌汁などの汁物に使用した場合には、その汁までしっかりと味わうことで無駄なく栄養を取り入れることができるでしょう。

 

ほかにも、ビタミンB群をバランスよく含んでいる点や、ビタミンEなども含まれていることから、

美肌や血行の改善などさまざまな働きを期待することができますので、積極的に食べたい食材ですね。

 

栄養面だけでなく、おいしさという面からみても、さまざまな料理に合いますから申し分ありません。

おひたしなどで簡単に食べることもできますし、和食だけでなくパスタなどの洋食にも合いますから、

誰にでも取り入れやすい野菜と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL