アスパラガス

アスパラガスは、野菜売り場でもよく目にするグリーンアスパラガスと、

缶詰などでおなじみのホワイトアスパラガスがあります。

 

これは品種の違いではなく、ただ単に栽培方法が違っているだけで、

同じように育てれば同じ色のアスパラガスができます。

 

グリーンアスパラガスは、濃い緑色で穂先がしっかりと締まったものがおいしいとされており、

根元の切り口がみずみずしいものほど新鮮です。

 

ホワイトアスパラガスはなかなかそのまま食べる機会はないかもしれませんが、

缶詰用など、多くは北海道で生産されています。

 

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの違いというのは、

ホワイトアスパラガスは盛り土をして日光に当たらないように栽培されるのに対し、

グリーンアスパラガスは日に当たる状態で育つため、色に違いが出てきます。

 

つまり、日に当てればグリーンアスパラガス、日に当てなければホワイトアスパラガスになるということです。

 

アスパラガスの栄養は、βカロテンやビタミンC、ビタミンEが豊富ですので

美容に関心のある女性を中心にとても注目されています。

 

βカロテンは皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるというだけではなく、目の機能を保つなどの働きがあります。

また、ビタミンCは美容に良いというのは有名ですが、

お肌のくすみ、シミの元になるメラニンの働きを抑えたり、

コラーゲンの合成、生活習慣病の予防と、健康と美肌には欠かせない栄養分となっています。

 

さらに、ビタミンEは血行を促進する働きがあり、ホルモンバランスを整えるなどの働きがあるほか、

女性の悩みでもある冷え性や生理痛、不妊、さらには肩こりなどの改善にも良いとされています。

アスパラギン酸という栄養分も含まれていて疲労回復効果などもあり、現代の女性の味方とも言える食材ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL